HOME

メンバーページ

メンバーページ: 海外派遣の手引き

共同研究プログラム

 このプログラムは、拠点機関、協力機関メンバー(※1)が、ドイツまたはフランスの拠点形成名 簿にある研究者のもとに滞在し、共同研究を進めるにあたっての経費を補助するものです。24年度は既に提出して頂いた希望を優先いたします。 ドイツ、フランス滞在前後、あるいはその期間中に第3国を訪問する場合、あるいは、研究交流で当初の計画を変更する場合はあらかじめ、学振の承認が必要ですので時間的余裕をもって申請手続きを開始するようにしてください。

サポート内容
交通費(渡航費エコノミークラス運賃、相手国内での移動に掛る旅費、全額支給できない場合があります)
滞在費(18,000円/日)

国際会議、セミナー出席

 このプログラムでは、下記の3件の国際会議、セミナーへの参加のサポートを致します。24年度は既に提出して 頂いた希望を優先いたします。 ドイツ、フランス滞在前後、あるいはその期間中に第3国を訪問する場合、あるいは、研究交流で当初の計画を変更する場合はあらかじめ、学振の承認が必要ですので時間的余裕をもって申請手続きを開始するようにしてください。

2012年8月25日 ドイツ・マインツ
Nonlinear Response and non-Equilibrium Dynamics of Anisotropic Systems
※ ILCC2012 (2012/8/19-24) に引き続き行われます。その参加のための滞在費も補助いたします。

2012年9月  ドイツ・ハイデルベルグ
Physics of active soft matter

2012年9月30日―10月5日  フランス
Active Soft and Biological Matter

サポート内容
交通費 (エコノミークラス運賃、全額支給できない場合があります)
滞在費(スタッフ18,000円/日 研究員・大学院生 12,000円/日)

研究者交流プログラム

 このプログラムは若手研究者の国際性養成のため、3ヵ月以内を目安に、ドイツ・フランスの研究拠点もしくは 協力機関に派遣し、先方の受入研究者と共同研究を進めることを目的としています。前頁のセミナー・シンポ ジウム以外の独仏で開催される研究集会での成果発表も目的に含まれます。事務上の理由により、2012年2月末 までの滞在としてください。24年度は既に提出して頂いた希望を優先いたします。 ドイツ、フランス滞在前後、あるいはその期間中に第3国を訪問する場合、あるいは、研究交流で当初の計画を変更する場合はあらかじめ、学振の承認が必要ですので時間的余裕をもって申請手続きを開始するようにしてください。

サポート内容
交通費 (エコノミークラス運賃、全額支給できない場合があります)
滞在費 (最初の30日まで:スタッフ14,000~円/日 研究員・大学院生 10,000~円/日、
30日以上:スタッフ 13,000~円/日 研究員・大学院生 9,000~円/日)

研究成果について

この派遣に基づく研究成果を公表する場合には、下記の謝辞を記載してください。また、掲載誌(巻頁)や学会名を事務局まで報告してください。
和文:
本研究は、独立行政法人日本学術振興会の先端研究拠点事業「ソフトマターの非平衡ダイナミクスに関する国際研究ネットワーク」による支援を得た。
英文:
This work was supported by the JSPS Core-to-Core Program “International research network for non-equilibrium dynamics of soft matter”

提出先・連絡先

拠点形成事業事務局
〒606-8502 京都市左京区北白川追分町
京都大学大学院 理学研究科 物理学・宇宙物理学専攻
荒木武昭
softmatt_network scphys.kyoto-u.ac.jp